TOP > TOPSEVEN > OCEANS 3月号掲載『TS-260』

NEWS

2019.1.25

TOPSEVEN

OCEANS 3月号掲載『TS-260』

 

 

いつの時代も、お客様に末永く愛して頂ける定番を作りたいという思いから誕生した商品。

クラフトマンの手仕事によって仕立てられた、珠玉のスニーカー「TS-260」。
ジャケパンスタイルにも合わせやすく様々なシーンにスマートに溶け込みます。
ブランドアイコンの「7」をさりげなく取り入れることにより、TOP SEVENらしさも忘れてはいません。
柔らかいクッションのインソール、歩行時に疲れを軽減する反りの良いアウトソール、
レザースニーカーのなかでも「大人にしか醸し出せない上品さ」を求める方にお勧めしたい定番の一足です。
日本人の足をスタイリッシュにみせるスマートさと、履き心地の良さをバランスよく備えた大人が履くシンプルスニーカー『TS-260』。
一度履いていただくと、愛され続ける理由を体感していただけると思います。

 

 

本物志向の大人にこそ似合う
職人の手で生み出されるスニーカー

一枚革だからこそ出せる革靴のようなドレッシー感漂う『 TS-260』。
汚れやキズが目立ちにくいシボ感のあるテクスチャーが特徴のシュリンクレザーを贅沢に使用しています。
最大のこだわりは「一枚革仕立て」と「職人によるハンドメイド」。
一般的に機械で行う工程を職人がひとつひとつ丁寧に手作業で行っています。
天然素材である革の特徴を把握し、人の手でしかできない微妙な調整によって、履き心地の良さが増しています。
全体的なデザインは時が経っても色褪せることのないクラシカルな雰囲気とモダンさを併せ持った表情に仕上げ、
羽根は「内羽式」で「ロウ引きの丸紐」シューレースを使用。
ドレスシューズのようなフォーマルさがあり、サイドにブランドアイコンの「7」をパンチングでマークし、
オールレザーの高級感をキープしながらも軽やかさを与えるなど、フォーマルに振りすぎないために品良くドレスダウンさせました。
一枚革のアッパーで足を包みこむような足入れ感をぜひ体感してみて下さい.

 

TS-260 

SHARE