TOP > TOPSEVEN > Feature > トレンドに左右されない2大定番モデル

Feature

2017.11.12

TOPSEVEN

トレンドに左右されない2大定番モデル

TS-260とTS-2101

トレンドに左右されない「らしさ」
それが、TOP SEVEN流オーセンティック

発売開始から4年を越えてもなお高い人気を誇る『TS-260』と『TS-2101』。TOP SEVENの2大定番と称されるモデルです。シーズンごとにカラーチェンジを繰り返しながら愛され続けるオーセンティックな2モデルにフォーカスしてご紹介いたします。

TS-260

いつの時代も、お客様に末永く愛して頂ける定番を作りたいという思いから誕生した商品です。

クラフトマンの手仕事によって仕立てられた、珠玉のスニーカー「TS-2101・TS-260」。ジャケパンスタイルにも合わせやすく様々なシーンにスマートに溶け込みます。ブランドアイコンの「7」をさりげなく取り入れることにより、TOP SEVENらしさも忘れてはいません。柔らかいクッションのインソール、歩行時に疲れを軽減する反りの良いアウトソール、レザースニーカーのなかでも「大人にしか醸し出せない上品さ」を求める方にお勧めしたい定番の一足です。日本人の足をスタイリッシュにみせるスマートさと、履き心地の良さをバランスよく備えた大人が履くシンプルスニーカー『TS-260・TS-2101』。一度履いていただくと、愛され続ける理由を体感していただけると思います。

TS-260

本物志向の大人にこそ似合う
職人の手で生み出されるスニーカー

一枚革だからこそ出せる革靴のようなドレッシー感漂う『 TS-260』。 汚れやキズが目立ちにくいシボ感のあるテクスチャーが特徴のシュリンクレザーを贅沢に使用しています。最大のこだわりは「一枚革仕立て」と「職人によるハンドメイド」。一般的に機械で行う工程を職人がひとつひとつ丁寧に手作業で行っています。天然素材である革の特徴を把握し、人の手でしかできない微妙な調整によって、履き心地の良さが増しています。

全体的なデザインは時が経っても色褪せることのないクラシカルな雰囲気とモダンさを併せ持った表情に仕上げ、羽根は「内羽式」で「ロウ引きの丸紐」シューレースを使用。ドレスシューズのようなフォーマルさがあり、サイドにブランドアイコンの「7」をパンチングでマークし、オールレザーの高級感をキープしながらも軽やかさを与えるなど、フォーマルに振りすぎないために品良くドレスダウンさせました。
一枚革のアッパーで足を包みこむような足入れ感をぜひ体感してみて下さい

価格:13,000円(税別) / サイズ:EUR37~44

BUY NOW

TS-2101

いわゆる単純なシンプルではない。
さりげなく個性を立たせた大人スニーカー

続いて、TOP SEVENの顔といえばこれ!『TS-2101』をご紹介。カジュアルなカラーリング・シンプルなデザインが、「スタイルを選ばず合わせやすい」と、幅広い年代のお客様に人気があるモデルです。羽根は「外羽根式」なのでシューレースで微調整できることから、甲高、幅広の足の方にも心地良くフィット。

TS-2101

艶のある滑らかなレザーに、カジュアル感をプラスするサイドのステッチ、正面からも目に留まる「7」のブランドアイコン、ヒール部分のワンポイント。シンプルさの中にも、TOP SEVENらしい個性を散りばめています。
カラーはコーディネートを選ばないオールマイティなホワイト、春夏スタイルによく似合う爽やかなネイビー、着こなしの差し色としても活躍してくれそうな明るめのブラウン、ほどよく個性を際立てる深みのあるレッドの4カラー。定番カラーから、アクセントカラーまで、様々なパンツに合わせやすいカラーバリエーションとなっております

価格:15,000円(税別) / サイズ:EUR37~44

BUY NOW

【レザースニーカーのお手入れ方法】

レザースニーカーのお手入れ方法

オールレザーのスニーカーはお手入れをすることで革の味わいが増し、自分のものとしての価値と愛着が増してきます。そこで、長くご使用いただくために役立つ簡単なお手入れ方法とコツをご紹介します。

  1. まずはシューレースを外し、表面の埃や砂などを落とすために軽くブラッシング。
  2. 表面の汚れを含んだ古いクリームを落とすために、リムーバーを綿などの柔らかい布に塗布し、負荷をかけすぎないよう優しく擦りながら拭き取る。
  3. 革用お手入れクリーム、つや出しクリームを塗布。
  4. より革の細部にクリームを浸透させる為に、ブラシを使いクリームを馴染ませる。
  5. 塗ったあとは乾拭きで美しい艶を出す。
  6. 最後は風通しのよい所で陰干しを。

補色するときのポイント)
退色した部分へ補色クリームを塗る場合は、体温でクリームが程よく柔らかくなるので、手で塗り込むと色が入りやすい。体温で溶かしながら塗り広げると均一に補色できる。

TS-2101

TS-2101

SHARE